デザインのディテールへのこだわりが必要な理由

デザインのディテールへのこだわりが必要な理由

もしあなたがデザイナーで、何らかのプロジェクトのデザインを任された時、何を基準にしてデザインを詰めればいいか不安になったことはないでしょうか。または、あなたがディレクターやプロデューサー側の立場で、デザイナーからあがってくるデザインの善し悪しを判断しなければならなくなった時、何を基準にして判断すればいいのか、基準が曖昧だったりした経験はないでしょうか。
デザインの善し悪しを判断する上で、判断材料となる項目は非常に多く複雑ではありますが、根本的に欠かせないものの一つが「デザインのディテール」です。どんなに素晴らしいストラテジーや目標を立てられたとしても、それが最終的に伝わるべき「イメージ」を持ち、正しい品質として「カタチ」となって表れてこなければ、誰にも伝わることはありません。
デザインのディテールとは何なのか、なぜディテールにこだわらなければならないのか。このブログ記事を通じて、デザイナー自身が自分のデザインに自信と確信を持って取り組めるようになれたり、デザイナーではない方々がデザインについて少しでも理解を深めていけるよう最初のきっかけになれたら幸いです。

デザインのディテールは「そのものらしさ」を表す

この内容で送信します。よろしいですか?